Month: 2月 2019

医療用ウィッグは、購入して終わりではありません

【薬剤性脱毛サポート美容師】という資格があります。
こちらは、抗がん剤や、薬剤の影響で、頭髪が脱毛してしまう時に、美容師としてサポートさせて頂く事柄を勉強するための資格で、山形県が、全国に先駆けて制定した貴重なものです!※薬剤性以外の、脱毛にももちろん対応させて頂いています

この資格者は、ヘアウィズには2名在籍していますが、ご来店のきっかけとしては
医療用ウィッグの購入、が多いのですが、ご購入いただいて終わり、ではありません。

頭の形や、お顔と首のバランス、襟足の形、ファッションの好みに合わせたヘアスタイルの提案、ウィッグのカット調節(ここ重要です)、お仕事やプライベートに合わせたウィッグの提案、など、多岐にわたります。

また、結婚式のお呼ばれの時、おてもちのウィッグで編み込みなどのヘアセットも可能です。

治療が進んで終わりに近づいたり、頭髪が生えてきたらカットの予定やカラー再開時を決めたり、新しく生えてくる毛髪は、くせが強くなる傾向が高いため、ストレートパーマや「フォルムスリークトリートメント」という、髪を整える技術でケアする予定を立てたりします。

そのほか、敏感肌にもなりやすいので、スキンケアやメイクのアドバイスも致しております。

また、おてもちのウィッグのシャンプーや、静電気ケア、カット調節も、ご依頼の多いメニューです。

特に初めて、医療用ウィッグをご利用なさる方は、わからないことだらけでしょうから、是非、お気軽にお問い合わせ下さい♪

どんな時も、あなたらしく、似合う髪形で、快適に過ごしましょう!

ネット予約