Day: 5月 22, 2015

紫外線がなぜ悪いか・・

先程のブログで朝子ちゃんからバトンをもらいましたので、

哲郎紫外線について本気で語っちゃいます!

 

~紫外線ケアの必要性~(by哲郎)

 

今回は、今から強くなる「紫外線」についてお話しします。きちんと紫外線の予防について語らせていただきます!

紫外線は太陽光線に含まれる光の成分です。

 

人の目には見えませんが、特によく晴れた屋外では、しっかりとした対策をしていないと

、長時間紫外線を浴び、肌に大損害を与える事になります。また曇りの時は、太陽光線が出ていないからと油断しがちですが、あなどってはいけません。

光の量は少なくても紫外線の種類によっては、雲を突き抜け、地上に降りてくるからです。

紫外線は、春先の3月・4月からだんだんと強くなり、5月から夏にかけてどんどんと強くなっていきます。外出する時は、しっかりと対策をして出かけるようにしましょう。

 

初めに、なぜそうなるかをご説明いたしますね!

紫外線を浴びすぎると、ただ肌が日焼けするだけでなく、肌のしみ、しわ、肌荒れ、ニキビの原因となります。

肌のしみ:紫外線を浴びるとメラノサイトという細胞が反応してメラニン色素が作られます。これがしみです。

しわ:紫外線が真皮に達すると肌を守り肌の水分を維持するコラーゲンやエラスチンにダメージを与えるので、肌は弾力を失いしわができます。

 

肌荒れ:紫外線は肌から水分を蒸発させて乾燥させます。その結果、肌のバリア機能が弱まり、肌荒れやかぶれを起こしやすくなります。また角質が厚くなります。

 

ニキビ:紫外線を浴びた皮脂(肌の油分)は酸化(老化の原因、活性酸素が発生)し、これが毛穴を塞ぐと、にきびの一歩手前、コメドができやすくなります。

お分かりのように、実は肌トラブルのほとんどが、紫外線が影響しているのです。毎日これを無防備で浴びていたら、恐ろしいことになっていますね。

さて、紫外線の害がわかったら、次は、もちろん予防法ですね

!1日の紫外線量のピークは12時前後ですが、朝でもかなりの量が地上に届いています。

 

特に波長の長いUVAは、朝の7時といった早い時間から、急激に上昇していきます。

 

UVAはガラス越しにもお肌に届きます。曇りの日でも、紫外線量は快晴の日の50%程度あります。

日差しが弱いから・・・室内だからと油断せずに、しっかり紫外線対策をしておきましょう。

SPF(SPFとはSun Protection Factorの略で紫外線防御指数)生活シーンに合わせて使い分けることが大切です。

 

日常生活での紫外線対策にはSPF30前後で十分です。

30前後のUVケアの物を何度も重ねるのが、ベストです。

 

性別年齢問わず現在に必須なUVケア。

 

今年は、手軽にUVケアもでき、髪の毛から、全身使えるスプレータイプも大人気!

 

 

もちろん、しっかりSPF、PAともにばっちりです!

自分に会ったものを見つけるためには、スキンケアアドバイザーの揃ったヘアウィズウォーターまでお気軽に!