最新記事

お客様のご負担を軽減いたします

ヘアウィズは、

ホームケア商品などを、ご購入いただくお客様が多くいらっしゃるのですが

商品だけを購入の際に、駐車場が敷地内になく、

県道を挟んで向かい側にあるため

一度、駐車場に車を止めてから、道路を横断して

来店してくださっていました。

 

お子様が車内にいる時は、お子様だけを置いて来店されると危険だったり

歩行がしづらい状態のときに、横断するのが困難だったりしますので

今後は、購入商品がお決まりの時は、是非、あらかじめご注文の上

「駐車場に着いたよ」とお電話くださいませ。

スタッフが、お車までお届けいたします!

 

お支払いも、

①現金

②ペイペイ

③ベニペイ

は、車内で清算可能です。

事前決済もお薦めで

アプリ内のショップから

ご注文→店内で受け取る

を選択ください

 

今後もより便利に

ご利用いただけるよう

努力してまいります!!

 

 

 

【令和6年能登半島地震で山形県に避難してこられた方へ※これまでの震災も含む】被災者支援サービスご利用いただけます

ヘアウィズウォーターのシャンプーブロー支援。

被災された方の心が癒されるまでずっと続けます。
 
この度の、令和6年能登半島地震で被災された方々へ、心からお悔やみとお見舞いを、申し上げます。
 
ヘアウィズウォーターでは、今、私たちにできることとを
最大限実行したいと思っており、
東日本大震災の時に、山形県に避難されている方に無料でシャンプーブローをさせて頂き、今も継続しております。
これを、この度の令和6年能登半島地震、これまでの震災で山形県に避難してこられた方々に、提供いたします。
 
リクライニングのシャンプー椅子とヘッドスパの技術で心も体も癒して下さい。

少しでも疲れやストレスを取っていただきたいと思います。

 

提供サービス
☆該当する方のシャンプーブロー無料(恐れ入りますが平日に限らせて頂きております)
☆被災者・避難者の未成年の方のシャンプーカット無料(土日もお受けできます)

対象者
●被災者の方
●避難していらっしゃる方
 

身分証明は、自己申告とカルテ記入(お名前・住所・電話番号・メールアドレスを頂戴いたします)で結構です。
是非、疲れを癒しにいらしてください。

 

ご予約

①ネット予約 | 山形県山形市の美容室ヘアウィズウォーター(023-633-0532)│髪と肌を大切にする人のための山形県山形市の美容室ヘアウィズウォーター(023-633-0532) (hairwith.com)

サイトに登録後、「リラク・スパ」の所から

被災者支援(未成年のカット無料)か(シャンプーブロー平日限定)を選択ください

②お電話でご予約

上記のネット予約サイトの下部から、お電話に飛べます

 

 

お問い合わせ
美容室 Hair with Water(ヘアウィズウォーター)
〒990-0046 山形市大手町3-20
TEL:023-633-0532
FAX:023-633-0532
http://www.hairwith.com/

 

 

引き続き永遠に継続させて頂いています!!

是非、ご利用くださいませ。

 

まだまだ知られていない、私達「がんサポート美容師」の活動

先日、新聞の地元紙で「国立がん研 患者向け冊子作る」という記事を拝見しました。

 

抗がん剤などで、脱毛してしまい、患者様がウィッグを必要とする場面や

そのあとのサポートが必要だという事について、当事者以外の方々が知り、

予防や対処方法、家族や友人がその状態になったときの支援などを考えるきっかけになることは、とても良いことだと思います。

ただ、記事を読むと

まだまだ、私達がんサポート美容師(資格名:薬剤性脱毛サポート美容師)をはじめとした、がんサポートをしている美容師に対しての、間違った情報や考え方があるなと、認めざるを得ませんでした。

 

リーフレットには

医療用ウィッグについて、

「髪形と値段をチェックすればよい」

「どんなウィッグでもOK」

「まずはほどほどのウィッグで試してみる」

など、間違った情報がたくさん載っていました。

 

この3つを解説するだけでも、例えば

ウィッグは値段と髪形だけで選ばず、

治療前のご自分の髪質となるべく違わない髪質を選んだほうが

印象にギャップが少なく違和感が軽減されます。

また、ご自身に合わせた調整のカットは必須です。

カットなし、または、頭の大きさに合わせた調節なしでの着用は

見た目の違和感があるばかりでなく、フィット感や肌触りなど

不快感が出て、日常生活に支障が出るばかりではなく

治療が始まり、皮膚が敏感になったときに着用したくないなどが出てしまい

外出がおっくうになったり、よくない状況が考えられます。

「あれ、ウィッグ??」と言われるのではないかという、不安も防げます。

安すぎる場合(1万円以下など)、やはり、品質(髪の繊維や土台の縫製・品質)に問題がある場合もあり、手に取ってみて、試着してのご購入をお勧めします。

まずはお試し、という考えも、少し心配です。

治療が始まると、数日・数週間は体調不良の日も出てくるため

買いなおす、という状況は考えにくいです。

できる限り満足感と安心感のあるウィッグの準備となるよう、

私達、がんサポート美容師が、プロとしてサポートいたします。

 

これだけではなく、

皮膚・爪・洗髪・洗顔・メイク・スキンケア・乳房の状態・乳房サポートの下着の準備・治療後のヘアとスキンのサポート・等々、支援させて頂けることは多岐にわたります。

 

これは、なかなか医療従事者の方々に知って頂く機会が持てないでおり

もどかしい思いをしていますが、まずは、目の前の患者様に

しっかりとお伝えし、地道にサポートさせて頂いている日々です。

 

山形県では、全市町村で

ウィッグ購入に対して助成金が準備されています。

山形市は、それプラス、ソロプチミスト会のご厚意で上乗せの支援金があります。

医療用ウイッグ及び乳房補整具の購入費用を助成します | 山形県 (pref.yamagata.jp)

 

患者様が、治療に専念でき、

外出や仕事復帰などに、不安なく導入できるよう

美容の分野では何の妨げもないように

私達が、サポートしたいという思いで

日夜学んでいます。

 

必要な際は、お気がねなくご相談ください。

 

薬剤性脱毛サポート美容師 | BA山形 – 山形県美容業生活衛生同業組合 (ba-yamagata.or.jp)

 

脱毛・育毛ケアについて | 山形県山形市の美容室ヘアウィズウォーター(023-633-0532) (hairwith.com)

 

#がんサポート美容師

#薬剤性脱毛サポート美容師

#医療用ウィッグ

#抗がん剤サポート

#脱毛

#緩和ケア

#がん治療

#アピアランスケア

#アピアランス支援

 

『担当は変更できますか?』お問い合わせへのご返答

お客様から、質問がありました。

 

A.担当は変更できますか?

 

Q.もちろんできます!

初来店で、カウンセリングシートや問診で、ご要望をお伺いし、

お客様に適している担当スタイリストを決めますが、

二回目以降、または、すでにいつもご指名頂いている場合でも、

いつでも担当は変更できます。

毎回、ご記入いただくカウンセリングシートに、担当に〇をつけないことでも、もちろん口頭でも、「今回、担当を変えたい」とお伝えいただけます。

色々なスタイリストを体験して頂くことは、大歓迎ですし、

お客様が担当変更することでスタッフ間でデメリットもございませんので、

お気がねなくお申し付けください。

 

 

 

Translate